*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本へ出発
さーて、待ちに待った日本!って感じなんですが、今回はなんせ一人で2人の子どもを連れてかないといかないので、私自身、おもったより緊張。
時間はどうせ過ぎてくもんだし、15時間頑張れば、あとは親が迎えに来てくれるので、なんとかなるでしょう!と、飛行機の中ではのまずくわずでも、散歩のしどうしでもいいや、と覚悟は決めておりましたが、緊張していたのか、朝3時半には目が覚める事態。

そして、空港にて。
夫との別れの寂しさよりも、これから大丈夫なのか?との不安のほうが先立ち、悲しくもなんとも無い空港での別れを経てのいざ出発!
DSCF8428.jpg子ども達のほうがダダはなんで来ないの?と寂しそうでしたが、ばいば~いと手をふるやいなや、目の前の飛行機たちに夢中になり、泣かれなくてすんだので、ひとまず「ほっ」。












DSCF8419.jpg
ピーナッツが自分のスーツケースを持っていくと用意していると、自分も欲しい!とだだこねられたので、クリリンにもスーツケースを。
おもちゃ、着替え、オムツ、、、と自分のものは自分で持ってもらうように支度していたら、かなり使えること発見。私、なにももたなくていいし^^;。









DSCF8420.jpgピーナッツもクリリンも、かなり思いスーツケースになったのに、自分でしっかり管理、配送してくれたので、ママは大助かり。
これから大きくなったら、息子達、かなり使えそうです。むふふ。











そんなこんなでオタワを発ち、トロントに到着。
すると、東京行きが、なんと2時間の遅れ。
なにもないトロントの空港でどうしたらいいんだ?と思いながら、なにか食べさせたり、空港内うろうろしてたり、そこら辺にいる子どもと遊ばせたりしていて、4時間経過。
結局、夕方4時ごろの出発になったため、子ども達は、最初のご飯を食べたら普通に夜寝る時間になり(8時半)、2人とも爆睡。覚悟していただけあって、嬉しい爆睡。
4本も映画見ちゃいましたよ。これ、子どもを連れて飛行機に乗り始めてから、初のことかも。

それに、飛行機内、かなり空いてて、50-60席の空席があったので、クリリンも一つ席をもらえたし、何気にのんびり空の旅を楽しめちゃいました。

ただ、うるさくないのに、子どもが起きてるときの話し声や笑う声がうるさいと感じられたのか、後ろと前のにいちゃんとオヤジが嫌なやつで、ちょっとでも子どもがはしゃぐと、「寝たいんですけど!」とか「もうちょっと静かに話してもらえませんか?」とか言われ、カチン。本当にうるさく騒いでるならこっちだって恐縮するものの、ぜんぜん普通なのに。。。
最後のほう、私も頭にきて、ピーナッツとクリリンが遊んでいると、その人達に聞こえるように「周りの人にまたうるさいって言われるから、もう少し小さい声でね!」って言っちゃいました。

ともかく、今回の子連れ里帰りは楽に終わり、あとはまたカナダに帰る時。
2ヵ月後なので、それまで日本滞在満喫すべし!
スポンサーサイト
義弟の結婚式
いきなり結婚式。
義理の弟のことなんですが、彼女が妊娠してしまったので、赤ちゃんが生まれてから結婚式をするって言ってたのですが、とりあえず籍は入れとく、ということで、シティホールでの結婚式に参加してきました。
身内と、彼女の仲いい友達だけのこじんまりとした式。私たちがやったのとはまた違った形だったので、興味深かったです。

ラストミニッツで招待されたので、私は準備が不完全で、バタバタとトロントへいき、次の日には帰って来、、、みたいなジェットコースター旅行でしたが、みんな幸せそうで、楽しそうで、やっぱり結婚式っていいですね。
この場にいれてよかったです。そして、トロントに住んでたときには同居していた弟君なので、お祝いの気持ちはた~っぷり。こんなかわいい彼女をお嫁さんにできてよかったね!それに、彼女の家族もとってもいい人たちだったし、きっと彼らにかわいがられるお婿さんになるでしょう。

ところで、時間も無く用意していったこともあり、クリリンのスーツは小さすぎて入らず、ぴっちぴちな上に、ボタンははりさけそうだし、おなかは出てるし、そしてズボンは入りもしない。12ヶ月用なのに。。。なので、残念ながら私服で出席。そしてピーナッツは着慣れてないシャツにネクタイ、そして靴だったので、式場につく前に「もういやだ~」と、ネクタイとられ、靴はサンダルに履き替えられ、ズボンの中に入っていたシャツはむずがゆいと外に出され。
こんな私達の子供達がは式に出て、ディナーを予約してあった超高級レストランに入り、もうドレスコードもなにもあったもんじゃありません
ピーナッツに、「そんなサンダルじゃ、ママ一緒に歩かないからね!」といっても、「いいもん!」と開き直られ、こっちなんか向いてくれないくらい頑固な行動をとられ、もう絶対次回の結婚式にはちゃんとした格好させてやる!とリベンジスイッチはいりまくり。

とりあえず、無事、結婚式&家族のお食事会が終わり、あとは赤ちゃんを待つのみ。
彼女、中国人なので、私たち夫婦とおなじような組み合わせ。どんな子がうまれてくるのか楽しみです
ひとまず、弟君、おめでとう!!幸せになるんだぞ~。彼女を大切にしてやれよ~

初めての高級レストランで、「う~ん、おいしかったでちゅ。」↓。
DSCF7190.jpg
トロントにて・・・その2
私たちが結婚する前から仲良くしてもらってる、くまちゃんのお友だち夫妻のところへとめてもらいました。
いつも、トロントへ来るときは泊まっていきなよ~って言われてるのですが、まだうちも子供が小さいこともあり、夜ないたり、なんだかんだと迷惑かけるのも嫌だし、こっちも気をつかって泊まるのも嫌だし。なので、いつもホテルをとっていたのですが、今回は、初めて、泊めてもらうことにしました。
トロントへ行く準備にあまり時間がなかったということと、あまり断り続けても悪いなぁってことで。

遊びに行かせてもらうのは、いつもとっても楽しみ。
子供同士も同じ位の年なので、いつまででも遊んでてくれるし、第一、イタリア人の奥さんと、フランス人のだんな様。出してくれる料理がいつもおいし~い。これ、重要でしょ?!(笑)
楽しい仲間といるのはもちろんだけど、美味しい料理を囲んで!っていうのがついたらもう最高!!

この日はこんな前菜たちを出してくれましたよ~。↓
フランスから持ち帰ってきたワインに、フォアグラのパテ。そしてパンやハラペーニョのチーズ焼き。

子供たちにはピザを出してくれて、もうブラボー!!フランス&イタリアのコラボだよ~








DSCF7061.jpgみてみて、こんなどっさりとフォアグラ付けて。
フォアグラってちょっとくせがあるし、少量でいいやっていつも思うんですがこのフォアグラ、まじでうまい!
カロリーがどんだけあろうと、うまいっ。

どこで買ったのか聞いてみると、やっぱりフランス
そして、フランスだと、ここで買うより3分の1くらいの値段で手に入るし、質もいいとのこと。
これは5年ものだけど、10年ものももっと美味しいよ、とだんな様教えてくれました。
何年物なんてあるの、わたくし、初めて聞きましたよ。フォアグラもワインと同じなんですね。

あ~、行きたい、フランス~
私の行きたいリストに入ってるのに、いまだに行ったことないのよね~。
フランスパン片手に、フォアグラ片手に、ワイナリーツアーしてやる~



ちなみに、これがパッケージだそうです。
フランスへ行く方、是非、買ってみてください(笑)
DSCF7074.jpg

このあと、ステーキやら、サラダやら、とりあえずメインの夕飯を食べ、ワインも3本あけ、そのあとはブランデー。時間は、、、と言うとです。あっちゃ~。こんなこと、子供ができてから、めっちゃ久しぶりかも、、、っていうか、なかったかも。
でもいいね、こういうの
もっと、絶対、やろう!と誓った夜でした(笑)。

時間も忘れて遊びほうけているのは子供たちも同じ。→
DSCF7083.jpgこれ、夜食です








トロントにて・・・その1
トロントへ行ってきました~
いつもトロントへ行くときって、
・くまちゃんパパにあう
・私&ピーナッツの友達に会う
・くまちゃんの友だち家族に会う
・くまちゃんの友だちのBDP等がある
等々、上記のうちのひとつがきっかけでいくことになり、結果、すべてを制覇してくることになるのですが、今回は、
くまちゃん 「ねぇ、お父さんの誕生日があるんだけど、トロント行く?」
私     「いいけど、いつも行ってないじゃん。
くまちゃん 「そうだけど。。。」

くまちゃん 「はるちゃんに赤ちゃん生まれたから見たいんじゃない?」
私     「そりゃ、見たいよ
くまちゃん 「じゃあ、見に行こうよ!」
私     「そうだね、じゃあ、お父さんの誕生日もあるし、はるちゃんたちにも会おう!」

くまちゃん 「そしたら、その週末、ジムのセミナーがあるから、昼間、ず~っとはるちゃんたちに会えるかきいといて」
私     「セミナー???」
くまちゃん 「そう、格闘技の。先生がアメリカからまた来るから、それに参加したいんだ!」
私     「・・・・・」

トロントへいけるからそれはそれでいいんですけど、だったらはっきりはじめから言えばいいじゃないですかっ!
セミナーがメインだと、私にごちゃごちゃ言われると思うんですかねぇ?そんなに怖いですか、私?(苦笑)

ともかく、何が理由であろうとトロントへいけるのは、友達にも会えるし、ショッピングも多少できるし、いつでもOKな企画。ただ、行くとなると上記のスケジュールをすべてこなしてくるんで、昼も夜も予定がかなりつまる結果になるのがたまに瑕。なので、ショッピングだって多少と書きましたが、ほんとに30分とかでバタバタ店内を見るのみ。
いつか、ゆっくりトロント旅行したいなぁ。。。

で、くまちゃんがセミナーに行ってる間、はるちゃんたちとあってROMに行ってきました。
トロントにすんでたものの、ミュージアムにいったりしてなかったもんで、私もピーナッツも初めて。
もちろん恐竜がたくさんいるとなれば、ピーナッツ大はしゃぎです。こういうものが楽しめる年になったんですね~。そして、提案してくれたのはPちゃんということ。改めて子供たちの成長実感
ひさびさにあっても小さいころから一緒にあそんでたPちゃんとは大の仲良し。いつ会っても楽しく遊べるのはとっても微笑ましいです^^。
CIMG5746[1]



CIMG5706[1]学者肌なPちゃん。
恐竜図鑑をもってきて、ピーナッツに説明してくれました。
ピーナッツも、「Pちゃん、これなんていうの?」
なんて聞いてる姿を見ると、どことなく、笑顔がこぼれます
大きくなって、2人ともどんな道へ進むのかとっても楽しみですね~。












CIMG5743[1]一方、自分がどこにいるのか、何してるのか、まったくわかってないクリリンも、ある意味、微笑ましいです








友人コテージにて
くまちゃんのお友だち家族のコテージにお邪魔させていただきました。
DSCF6883.jpg
オタワから車で1時間半くらいのとこ。この湖の周りには数年前まではこの一軒しかなかったようですが、今は2-3件たっており、彼ら的にはちょっと不服なんかんじ。というのも、彼らのコテージのイメージは、電気もなく、水道もなく、とりあえず、原始的な生活をしながら現実逃避をする、というもの。なので、夜になり、家のあかりがみえたり、昼間、近代的なボートをもってきて乗り回されたりするのがとっても嫌みたいです。
分からなくもないですが、こっちにきて、初めてとめさせてもらったときには苦労しました。
トイレは大をしたとき以外は流してはだめだし、水道も雨水をつかってるので普通に流して使う事は許されないし、ベッドだって、フレームだけあって、あとは寝袋に寝なくちゃいけないし、夜はもちろんガスライトが数本たってるのみ。もちろんシャワーなんてないので、天気がいいときに湖に行水するのみ。天気が悪かったら体をタオルで拭くしかなく、行ったときがかなり寒い夏だっただけに、私的には「もう結構です!」モードに入っちゃいました。

でも子供ができてからは、こんなところってすごく自然で、アドベンチャラスで楽しい事間違いなしなのは想像ついたので、毎年来させてもらう事に。

もう数日前からピーナッツのはしゃぎようったらすごいかったです。
今年は日帰りで来させてもらいましたが、来年くらいからは泊まりでくるはめになるのかなぁ。。。

魚釣りをしているピーナッツ。↓
このさお、くまちゃん友人からのプレゼントです。
この年で、My竿をもつことになるなんてすっご~い。









DSCF6853.jpgくまちゃんもクリリンも、の~んびり、とっても気持ちよさそう。











このコテージにきて、何もする事がなく時間をもてあましていた数年前ですが、この子達とくると、なんだか充実した時間がゆっくり流れているような気がします。

そして、友人家族にもかわいがってもらってるうちの子達。
来年もまた来させてもらおうね!
DSCF6888.jpg
続モントリオール
我が家では、モントリオールといえば、これら↓。
DSCF6747.jpgフレンチフライの上に、チーズカードとグレイビーののった、プッティーン。そして、スチームされたホットドック。
我が家、、、というかくまちゃんが小さいころから通ってたファミリーレストランなんですが、初めてカナダに来たときにも連れてきてもらい(う~ん、何年前だ?!)、それからモントリオールといえばこのお店に立ち寄って、昔の味を懐かしんでるんです。
でも、このプッティーン、なんだか今回は味が落ちた?!ちょっと、ショック!
そして、向こうに見えるホットドックも、当時(くまちゃんが小さいころ)じは25セントだったのに、今や1ドル25セント。たかっ。
時代の流れを感じますねぇ。。。

DSCF6748.jpgそして、これは初めて頼んだチーズバーガー。
ピーナッツがチーズバーガーが大好きなもんで、頼んでみました。
子供サイズっていうのがおいてなかったので、普通に大人サイズですが、これは3ドルちょっと。
リーズナブルぅ、ですかね。





At water Marketのそばにあり、Green Spotって言うお店。
内装は綺麗とはいえませんが、いつもお客で込んでます。


そして、次はAt Water Marketでお買い物。
ここもくまちゃんがなつがしがって必ずと言っていいほど、中にあるBakeryでミルフィーユを買うのですが、お昼を食べて立ち寄ったら売り切れ><。
仕方なく、違うものを頼んでみましたよ。
DSCF6749.jpgなんかダロワイヨのハリネズミケーキに似てません?(って、単にとげとげだけが似てるんですけど)
きっと美味しいだろう、という期待の元に買ってみました。
オンタリオのどこかのスーパーで売ってたら、きっとゲロ甘でチョコの塊がはいってるか、いんちきチョコムースみたいなのが入ってるだけだろうとおもい、手もでない代物ですが、ここはケベック。きっと美味しいに違いない!
高級チョコレートのカカオの甘みのぎっしり詰まった、それでいてしつこくなく、ぺろりと食べれるチョコケーキ。そして、土台にも、バターたっぷり、またはアーモンドプードルたっぷりのクッキーでもしかれてて、そのチョコレートの甘さとクッキーの塩加減が絶妙なバランスをたもっているに違いない!

な~んて、勝手に想像しながら、でももし激甘でまずかったらくまちゃんにでも食べてもらおうと買ってみましたところ、これが、「うっま~い!!」手のこぶし大の大きさで、本当に「うっま~い」し、たべでがまじであります!
ぺろりといけそうで、多少びびりながら1個買って2人で半分こするつもりでしたが、もうひとつ買ってしまいたくなるほど。でも、その1つの大きさで半分このまま終わりにしないと、あまりのチョコレートの濃厚な味を上手に楽しめない気がして、「おかわりっ!」を自粛した私たち。久々においし~い、ケーキを食べました~。お店で(笑)。

向こうにチラッとみえるのはカプチーノ。
これもボールで頼んで、3ドルちょっとだったし、これもまた2人で十分な量でしたよ。
こういうところ、海外サイズはいいですねぇ。

いつもいってるBakeryで、いつもとは違うものを食べてみましたが、これで勢いついた感じ。
次回はさらに違うケーキを食してみましょう!ここのサンドウィッチも美味しそうだったんだよね~。じゅるり。

やっぱ、オンタリオとはおいてあるもの違います。
ほんと、いつも思うけど、カナダにいながらヨーロッパを体験できる感じで好きですねぇ、ケベック州。
また遊びにこ~よおっと。
しゅっぱ~つ!
さ~て、これに入って行こうかなぁ。。。


あれ?これ小さいよ、ママ。そっか!こうやって~。足を曲げて~。むにゅむにゅ・・・。
DSCF3312.jpg


やっぱり無理みたい。。。飛行機に一緒に乗せて~。
DSCF3316.jpg


皆様、コメントのお返事は後日かきますので少々お待ちください。

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

モントリオールベーグル
昨日アップしたブランチをした日、トロントに帰る前に手土産手土産!!と、モントリオールで人気のあるベーグルやさんにいってきました。

お土産(もちろん自分達に)+、出来立てを味見したく、朝食を軽くして(と、こんな理由もあり、ベーグル一個と卵焼きしか食べたなかったのです)行ってきましたよ~。
まず一件目はSt Viateur Bagel。ネットでベーグル販売を始めた先駆者らしいです。
もうこの辺はユダヤ人しかいないんじゃないか?って言うほど道行く人はユダヤ人。
ベーグルやが軒並み並んでいるのも分かります。1件おきにベーグル屋って感じでしたからね~。

で、中は狭くて1列にしか並べないくらい。その奥でこんな風にベーグルを焼いています。食べれるところなんてないのですが、小さなバターやジャムが置いてあるところを見ると、私たちみたいに、買ってすぐに食べる人がいるのでしょう。
私たちもセサミ、シナモンレーズン、パピーシード等とバターを買って、車の中で食べました。
う~ん、美味い!!中はもちもち外はパリパリのモントリオールベーグル。いくら朝食を食べようがこういうものはぺろりと入ります。ということで食べちゃったものには写真はありません


そして次のお店は同じ道沿いにありながら、3-4ブロック行った先のFairmaount Bagel
montrealbagel3.jpgここもたたずまいは上のお店と煮ていますが、釜が2つありました。そして種類も倍くらい。
トラディショナルなものからトマトやバジルが入ったもの、オーガニックの粉を使ったものまで、たっくさん!外にはBeggarがいましたが、彼もベーグルをほお張っていましたよ(関係ないか?!ちなみにセサミベーグル。。。もういいって?)。






montrealbagel1.jpgmontrealbagel2.jpg右の写真に見えるのはベーグル生地の塊です。
ミキサーから担いでもってきてました。すごいですね~。こんな量があっという間にうりきれちゃうんでしょうね、きっと。

ここでも数種類かって車の中でさっそく試食。
最初のお店とどこが違うかって?
う~ん、かなりむづかしかも?!でもなんだか最初のお店のほうが美味しかったような。。。ってことはきっとどっちも美味しかったんですね、はい。

とりあえず、このストリートには思いもよらず、たっくさんベーグルやさんがあったので、次回は自分の足で探索したいね~、ってくまちゃんと話していたくらい。あ~、早速次回が待遠しい。。。

今回気付いたのですが、トロントにあるモントリオールベーグルとは全くちがうということ。トロントにあるベーグルはベーグルで美味しいくて好きですが、モントリオールベーグルとして売っているベーグルはなんだか違う。やっぱり本場で食べた方が断然美味しかったです!

ところで、Fairmount Bagelでは確認できなかったのですが、St Viateur Bagelで使っていたのはRobin Hoodの強力粉でした。これはそこら辺のスーパーで手に入るので今度つかってみたいと思います。
粉類はカナダだからか結構安く手に入りますが、ここの粉はその中でもちょこっと高いほう(といっても2.5キロで350円くらい)。いろんなところの粉を使ってパンを焼いてみてはいるのですが、ちゃんと記録をしていないのがよくないですね。興味はあって、色んなものに挑戦するのですが、その管理がなってない!!たまに自分に嫌気が差しますね~。どこの粉のが良かったのかなんておぼえていやしません。これからはもうちょっと気を遣う努力をしてみますね

テーマ : おいしいお店
ジャンル : グルメ

モントリオールでブランチ
今日もまたまたモントリオール旅行記です。

やっぱりせっかく来たのだからオシャレなカフェにも行きたい&モントリオールベーグルは制覇せねば!ってことで、トロントへ帰る日、朝から出かけてきました。
artjavacoffee2.jpg
MONT-ROYAL通りにあるCafe Art Java。ここは地元でも新聞や雑誌に取り上げられているモントリオールっ子ご用達のお店。私たちが行ったときも込みこみで、目の前をブランチのお皿が運ばれていくのをよだれをたらして見てなくちゃいけないくらい。そしてやっぱりここは北米というよりはヨーロッパを感じさせてくれる街だと実感しまくり!!太っている人もそれほどいないし、みんなオシャレなんですもの。もちろんそれがお皿にも反映されてます。
私たちが頼んだのは、ここにきたら絶対!というカプチーノ。
artjavacoffee3.jpg何も言わなくても色んな絵を書いてもってきてくれます。
そして濃く入れられたエスプレッソにあったかいミルクが混ざったこのカプチーノはすっごく美味しかったです。
上のきめ細かい泡なんて最後まで消えず。。。
コーヒーの濃度や温度、泡の温度等も関連してくるみたいで、それだけコーヒーにこだわっているのかが新聞に載っていました。






そして私が頼んだのはベーグルと卵。
artjavacoffee4.jpgあまりお腹がすいてなかったけど、とりあえずベーグルは抑えとかなくちゃでしょう?と思い、単品でベーグル、そしてサイドで目玉焼き。これで2.75ドルだったかな?
このベーグルは石焼釜で焼いたのか、すっごい香ばしくて中はもちもち。モントリオールベーグル自体、分厚くてふかふかタイプではないので、下手するとカリカリだけのベーグルにあたることもあるのですが、これはかめばかむほど味が出てきてとっても美味しかったです。どこのベーグルをつかっているのか聞いてくればよかった。。。





くまちゃんが頼んだのはトラディショナルブレックファーストセットです。
artjavacoffee5.jpgトースト2枚とこのお皿で6ドル弱。
お皿には目玉焼き2個、ベーコン、ホームフライ、フルーツの盛り合わせが乗っていました。
このフルーツが沢山載っているのがなんとなくモントリオールのカフェって気がします。それにこのフルーツたち、こっちでは目ずらし程美味しかった。だって、こっちのフルーツってあまり甘くなかったり、固かったりするので、付け合せについてきてもあまり食べた事がないんです。でもくまちゃんいらないって言うし、食べてみようかなぁ、、、なんて手を付けたら、どれもこれも甘くて普通に美味しかったんです。
やっぱこういうところにも惹かれますよね~。


この他にも色んな種類のブレックファーストメニューがあったので、次回はまた違うのにトライしてみたいくらい、ここに来たいですね。
フレンチトースト、オニオンスープとかもすっごくおいしそうでしたよ~。
家族やカップルの姿はもちろんですが、一人でも気軽に入れる空間で、ゆっくり本を読んでいたり自分のPCを持ってきて何かしている人が沢山いました。

店員さんたちもとてもいい人達で、混んでいるにも関わらず私のお腹をみて、広い席に案内してくれたり、何かを追加するにも快く対応してくれました。



このお店の向かいにもオシャレなケーキ屋さん、というかデリタイプのお店「BOULANGERIE PREMIERE MOISSON」があってそこも満席。
今回はちゃんとした朝食がたべたかったのでここに来ましたが、お茶をしにこちらのお店にいくのもいいかも?!

テーマ : おいしい店紹介
ジャンル : グルメ

モントリオールのジャンクフード?
モントリオールといえば、ケベック州ということもあり、食文化の発達している街。北米のお決まりジャンクフードからオシャレなフレンチまでいろいろ揃っています。なので、食を楽しまないわけにはいきません!
チーズやワインもオンタリオにはないものが沢山あるし、フランスのものだとかなり安く手に入ります。
パン屋さんもデニッシュ系のものを置いてあるところが多く、ケーキも大きくてバタークリームで、、、なんていうものは一切ございません!!日本のベーカリーやケーキ屋さんのように、繊細で美味しいものがここには沢山あるんです。ある意味、ヨーロッパですね^^。
なので、モントリオールへいく~となるともうネットでの検索は欠かせません。
どこでお昼を食べる、どこでケーキを食べる、そしてどこでパンやチーズを買う、、、という本当に旅行気分になります。

しか~し!今回は私の知らなかったパーティーに時間を費やされたので、そんなぶらぶらしている時間もなく、入った所はジャンクフード、、、というかくまちゃんが小さい頃からよく行っていたというファミリーレストラン?のご紹介。
くまちゃん自身もオシャレなスポットや美味しいといわれるところを探索し始めたのは大きくなってから。それまではケベックにいるイングリッシュファミリーらしく、北米のお決まりのものしか食べていなかったようです。特に両親自身が美食家でない限り、そして昔のことですから、特にイングリッシュ系の人たちがフレンチコミュニティと接する機会というのはそれほどなかったようです。

で、今回いったのは、Dunnsというモントリオールスモークハムのサンドウィッチが美味しいレストランとMikesというモントリオールピザやサブが有名なレストラン。

最初にDunnsから。
Dunns1.jpgサンドウィッチセットでこの量です。
もちろん食べきれるわけはなく、オーダーしたのは一皿のみ。そしてオニオンリングも頼んで2人でシェアしました。
しか~し!こんな事をしている人はどのテーブルもいません。小さな子から杖を突いているおじいさんおばあさんまで一人一皿ずつ頼んでいるではありませんか?!やっぱりどこにいっても北米ではその量に驚かされますね。
でもこれで、10ドルです。オニオンリングが5.95ドルだったかな?





















そして次はMikes。
mikes1.jpgモントリオールピザ、と言われているもちもちの生地にペパロニ、チーズたっぷりのピザが有名ですが、もともとは小さなサブ屋さんからスタートしたみたいです。今でも本当に美味しいモントリオールピザをトロントで探すのはむづかしいみたい。
最初にくまちゃん一家がオンタリオ州に引っ越して来たときに、無償にピザが食べたくなり、トロントでも有名といわれるレストランにいったら、全くもって違うもので、一口食べただけででてきてしまったといってました。もちろんその時代から比べればモントリオールのものはここでも手に入るようになってきてますが、それでもモントリオールピザが食べたい!とたまに言うくまちゃんには思い出が沢山あるんでしょうね?!

で、前回ここのピザを食べたので、今回はサブ。(ごめんなさい、これだけピザの話をしておいて写真が一枚もないなんて><)
mikes.jpgペパロニとスモークハムのサブを頼んでみました。そしてサイドにはお決まりのプッチーン。これはフレンチケベックのフレンチフライです。
これ、あくまでもサイドディッシュの大きさなんですよ。決してサブが小さいわけではございません!サブ自体25センチはありましたからね~。

フレンチフライの上にグレービーソースとチーズが載ってます。
これが北米とフランチの融合?とちょっと不思議ですが、単にケチャップをつけて食べる北米スタイルからすれば、グレービーソースなんてちょっとオシャレなのでしょうかねぇ?

テーマ : 世界の料理
ジャンル : グルメ

プロフィール

affinity

  • Author:affinity
  • 2人の男の子って、、、すごい。パワーを貰うっていうより、すいとられるかも(笑)。でも、子育てって楽しいです。子供っておもしろい!子どもと一緒に私も成長していければなぁ、と思ってます。
    子育て、料理、マッサージ、アロマ、、、カナダでの生活を日記として残しておきたく発信していきたいと思います。

    そしてそして、Massage practitionarとして現職離れて早9年。上の子が生まれて休職してたのですが、ついに自宅でオープン。長かった~。
    私のスタイルはDeep tissue massageのBalinese。指圧やアロママッサージも勉強したので、総合的に心身の凝りをほぐしますよ。女性限定とさせていただきますが、興味ある方、ご来店をお待ち申し上げております。

    このサイトの著作権を放棄していません。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。