*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PRカード
知ってる人も多いと思いますが、まったくもって知らなかった私たち。
PRカードの更新て192日もかかるらしい。192日ですよ!これって、半年?

実は、去年の8月で私のPRカードが切れたのですが、6月まで日本にいた私たちは、普通に、「カナダに帰ってから申請すればいっか」なんて話して、7月に書類を集めていたんです。そこで、Landing Immigrant Paperがなくなっていることを発見。まぁ、話せばいろいろとあるのですが、私の場合、この紙がないと申請できないことが発覚し、いそいで再発行してもらうように要請。でもその間にPRカードの期限が切れてしまう恐れがあったので、とりあえず、申請だけして、その資料は後から送ることに。

そこで、またまた時間がかかる(かかりすぎっ!)なことが判明。3ヶ月くらいかかるらしいと。。。

で、待って待って、やっと去年暮れに発行され、その資料も追加発送

さて、「こ~こ~か~ら~、192日くらい待ってください!」といわれ、カナダの移民局、どんな仕事の仕方をしてるのか不明。頭にくるにも、私たちじゃどうにもならないから、ますます頭にくる。

とりあえず、私の書類一式がついてるのかどうか1週間後に確認すると、「まだ書類の山のなかにあり、開いてないと思う。」と。
これって、180日くらい書類の山にはいったままで、あとの10日で処理するってこと?それに、こんなこと普通に言える感覚がわからない。。。
もう、この不明な日数、どういうこと?
どう処理したらこんなに時間がかかるんですかっ。

で、日本に夏に帰りたいと思っていたのですが、PRカードまってたんじゃ、いつ発行されるか分からず、とりあえずストレスになるのみ。
うちのくまちゃん、もうあったまにきて、PRカードなくてもかえっちゃえ!と。まぁ、そのための資料は用意するにしても、こんな馬鹿げた日数待ってられるかっ!と。

私も、カナダ出国してかえってこれないならこれないでOK(冗)。じゃあ、チケット取ってしまいましょう!と先日とって、とりあえず、駄目もとで、そのチケットのコピーを送ったら、あらら、、、1週間位で、「あなたのPRカードができました。取りに来てください」とのこと。

なんか、キツネにつままれた感じです。。。
スポンサーサイト
結婚2周年

3月20日。私たちの正式な結婚記念日です。
というのも、記念日って沢山あって、カナダで籍を入れた日、日本で籍を入れた日、カナダでの結婚式の日、日本での結婚式の日、、、とまぁ、4回もあるものですから、私たちの中ではいっちばん最初のカナダで籍を入れた日を記念日にする事にしました。
でもこっちでは単に市役所にいくだけではなく、神父さんか判事さん、そして2人の立会人が必要で正式な場所で「式」をやらなければ籍を入れられないので、それはそれで思い出の行事ではあります。

2年前のこの日は、雪が降っていてとっても寒かったのですが、ウェディングドレスにみたてて、白いロングドレスを着て、ファーをかけ、特別法廷所?へいったものでした。この法廷は今では使われてなく、映画の撮影用でしか公開しない場所となっているそうなのですが、友達のお父さんが判事だったことから使用させてもらったんです。
そのくまちゃん友達家族が小さなパーティーを開いてくれ、花束や食事をすべて用意してくれて、私たちが夫婦としての最初の一歩を歩き出す素敵な日をプレゼントしてくれたことを思い出しました。

b060320aniversery1.jpg b060320aniversery2.jpg b060320aniversery3.jpg b060320aniversery5.jpg 

去年は私はビザの関係で日本にいなければならなかったので、今年が2年目といえど、一緒にお祝いするのは初めて。
くまちゃんがディナーに連れてってくれましたよ。
HY'Sといわれるステーキハウスで、カナダでも有名なThe Kegのワンランク上のレストランだそうです。
060320aniverserydinner.jpg今日は(も?)ピーナツに許しを得て、ちょっとだけワインを頂く事に。
こういう上品なところだったら厳選したワインを使っているのだろうと思い、ボトルではなくハウスワインのデカンタを頼んでみたのですが、予想は大当たり!ハウスだからワインがほどよくブリージングされていたのか、フルボディでとっても口当たりの良いワインでした。
1杯飲みたいところを2口でくまちゃんに止められ。次回また連れてきて~って感じです。





060320aniverserydinner1.jpg私が頼んだのはいつものリブ。脂がのっていてフィレよりも断然好きなので、どこにいっても頼むのはリブ。ただ問題なのが、とてつもない量で出てくるんです。
選ぶすべなどなく、この肉の量は450グラム。絶対にたべれません食べ切っちゃいけない!
最初は量で食べるものを決めたりしていましたが、もう最近では、お持ち帰りができるので、量がどうであれ、食べたいものを頼む事にしたんです。

脂身の沢山入ったリブはジューシーだし、骨付きで焼かれるのでその旨味もでるのか、いつもくまちゃんが頼むのより美味しい気がします。

付け合せにはガーリックマッシュポテト。ちゃ~んと味付けされていてこれまた美味い!肉、肉、肉って感じでめっちゃ満足行くディナーでしたが、当分肉はいらなそうです

060320aniverserydinner2.jpgこれはくまちゃんが頼んだNYサーロインステーキ。こっちの方が小さくて(といってもこれが一番小さいサイズ。私が食べきれないという事でくまちゃんに小さいサイズを頼んでもらったのですが)、300グラム。でも、300グラム。日本のステーキ屋さんで80グラムとかありますよね?もう信じられない世界です

これまた良いお味でしたが、ちょっとガミーかも?
前に違うステーキレストランに行ったときも、私がリブでくまちゃんがNYサーロインを頼んで、2人してリブのほうが味がいいかも?と話したことがあったので、くまちゃん、これを機にNYステーキを頼むのはやめよう!という結論に至ったようです。
付け合せはベイクドポテト。ガーニッシュもウェイターさんがいろいろ持ってきてくれてベーコン、チャイブ、サワークリーム、バターを載せる事が出来ます。

あと、2人で頼んだマシュルームソテーのサイドディッシュ。
オリーブオイルとパプリカ、その他のハーブで味付けされていてとっても美味しかったです。

くまちゃんご馳走様~。
でも私たちの記念日、誕生日はこれで一段落してしまうので、また美味しい食事にありつけるために何かしら春と夏に記念日を作らなければ!!

テーマ : 国際結婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

バレンタインデー
今年のバレンタインはこ~んなものをもらってしまいました。
valentinespresent1.jpg
私の大好きで、結婚式でも使ったカラーの花束。そして12年以上のバルサミコ酢が欲しいといっていたので、希望の品。あとは定番チョコレートです。リンツのチョコは味的にゴディバのより好きかもしれないですねぇ。

花束は、今日はとっても高くなるし、くれるなら週末でいいよ~なんてくれることを前提に?言っていたのですが、やっぱり”この日”にあげたかったらしく、花屋に注文しておいていたそうです。ラジオでもテレビでも14日は花の値段が3倍以上になるようなことを言っていたので、本当に本当は今日なんかいらなかったのに、買ってきちゃってばもう!って感じでしたが、まぁ、気持を受け取る事にしました^^。

で、今晩はというと、チキンのシェリー&チリクリームソースと、ピザ生地で焼いたパン。そしてデザートのパンナコッタワインソース添えです。
060214chikenchilicreamsauce.jpg前からのプランとしてはチョコレートソースにしようと思っていたのですが、作っている途中からチョコレートソースは食べる気が失せて、勝手に肉を焼いたパンにシェリーを入れ、カイエンペッパーを入れ、、、とやっているうちにクリームソースにしちゃいました。
でもピリカラクリームソースはとっても美味しかったです。そしてトマトをざく切りとスパイスにシナモン、ミントにしていれたので、それほどくどくなく、あっさり系に仕上がりました。











060214panacotta.jpgパンナコッタは普通のパンナコッタに、ワインと砂糖を煮詰めたものをかけただけです。このワインソースはチーズにつけて食べても美味しそう。
パルメジャーノやブリー、そしてくせのあるアオカビチーズにも合いそうなので、残っているソースは次回のアペタイザーに使ってみようと思ってます。

バレンタインと言えば、日本だと女の子からですが、こっちでは男の子からプレゼントをもらえるので、とっても楽しみな日です。それに私たちにとってはプロポーズの日。おうちでのんびりご飯を一緒に食べれる事だけで幸せだったりしちゃいます。

テーマ : バレンタイン
ジャンル : 結婚・家庭生活

ふと思ったこと
なんだかふとこんなことを書きたくなった。。。
というか私はいつも照れくさくて、くまちゃんにI love youとかちゃ~んといってないので、ちょっと書きたくなっちゃったのかな?!
ちょっと自惚れなので、あつ~い日には読まないで下さい(笑)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
となりにいつもいてくれるクマちゃん。ある日突然こんなことを言ってきたことを思い出した。
「生まれた国、両親、育てられた環境、文化、そして自分達を取り巻いている全ての環境が違うのに、どうして僕達は一緒になったんだろうね?!」って。
こんな風に考えたことってなかったし、私にしてみたら疑問に思うまでもなく、すっごく自然なこととしてしか受け入れてなかったので、逆に不思議だった。だって、同じ両親から育ったって性格のまったく違う子がいたり、同じ日本で生まれたって、多種多様いるわけじゃない?だから逆に考えれば、どんなに環境がちがってたって、同じような感性の持ち主がいてもまったくもって不思議ではないよね?!
ただ、国の違いはどうであれ、そんな自分と合う人と会えるかどうかが問題であり、出会いの全てはタイミングだと思う。
そのタイミングを生かすも殺すも本人次第だけど、私の中では全てこの言葉で今までの波乱万丈人生が語れるくらいの重要さを持っているかな。
(ただ、一番重要なタイミングを生かすことができれば、その後のことは偶然ではなく、自分が作り出せるタイミングだと信じていることには矛盾が生じるが。。。)

ともかく!私もくまちゃんに出会って本当に良かった。
始めは、外国人だし、特に日本に来る外国人で英会話スクールなんかの先生は、日本人の女の子目的にしかしてないんだ、という偏見の塊だったし、そして日本語も話せないんじゃ、会話が成り立たないし、、、ということで距離を置くよう努力していたくらい。でもいろんなことを話して、いろんな時間をいっしょに過ごして、や~っと信頼できるようになった。
外国人も日本人もみんな人間である限り、合う人も合わない人もいるんだ、、、って。時間がたてばたつほど、外国人だから、、、という偏見は全くなくなっていた。

ただ、文化の違いから付き合うにはいろんな問題が立ちはだかっていたので、結婚するまでは約9年もかかったが、実際くまちゃんと一緒にならなかったとしても、この人を一生大切に思って生きたいって思っていたくらい、人として尊敬してたし、大好きだったのは事実。

今、いろんな意味で過去を振り返ると、文化の違いでは本当にお互い苦労させられたけど、根本的に人間として好きなところが多かったんだと思う。だから喧嘩もいっぱいしたけど、話し合うことが出来たし、それでもお互いを思いやることが出来た。「喧嘩したから、じゃあ別れましょ」っていう発想が不思議となかった気がする。

くまちゃんが私を選び、私がくまちゃんを選んだってことはすっごい偶然で偶然じゃない。
だから、私はこの偶然にして偶然ではない9年前の出会いを一生大切にしていきたいと思う。
人として、パートナーとして、そして一人の男性として、くまちゃんに出会えた私は心から幸せだと思う。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(ごめんね、くまちゃん。ブログでしかこんなこと書けなくて。)
Wedding in Canada
2005年6月4日
カナダでの3回目の結婚式。というのも一回目は法的にカナダの法廷でやり、2回目は日本の神前式。そして今回3回目の人前式。
日本からの私の両親、妹を始め、8人の友達が来てくれて、総勢115人のパーティーになった。

続きを読む

プレゼント
この間くまちゃんからクリスマスプレゼント&誕生日プレゼントが届いた。ネットで注文したって言ってたけど、なんだろう?ってワクワクしながらあけたら、Sex in the CityとFriendsのDVD。前から欲しいって言っていたからいいんだけど。。。。。
一生懸命選んでくれたんだなぁって思いながら、日本人とカナディアンの文化の違い?を実感。だいたいプレゼントとかもらうと分かるんだよねぇ。
まぁ、花束はいっつもくれて、これはとっても大好きなんだけど、他のものといえば、、、
ローラーブレード(すきかどうか分からないからっていわれて、簡易ローラーブレードだった。。。ローラーブレードやらないけど、でも本物が欲しくて返品しに行った経緯あり。)
サラダの水切り(とっても欲しかったからいいんだけど。)
エスプレッソメーカー(今となってはくまちゃんが使用して、私は飲むだけ。)
映画のビデオ(くまちゃんのコレクションの一部になっている。)
そのときに私が欲しがってるCD(3枚とか4枚とかくれる)
スラング英語辞典
MDプレーヤー(まっこれは良いとしよう。)
ワイングラス&カラフェ(かなり嬉しかったけど、割るのが怖くて過去1回のみ使用)
下着(派手すぎて着てない。)
お酒(ドンペリ、ブランデー、その他もろもろワイン)
アクセサリー(8年中2回のみ指輪)
ミュージカル
食事
こんなんだったかなぁっておもってたら、なんだか可笑しくなってきて、服とかカバンとかアクセとかもらってないなぁって改めて思ってみた。
こんなこと思うのってサイテーよね~っ。でも心はたっくさんこもってるから笑顔になっちゃうんだけどね^^;。
いろんな意味で今度のプレゼントが楽しみだわ。ほんと想像つかないんだよね。でもいつもいつもプレゼントを明けた瞬間、「わ~素敵~!!」っていう私の歓声がないから、くまちゃんは私の前で「あれ?」っていう顔すんだよね~(笑)。ごめんね、くまちゃんm(__)m。でもプレゼントいつでもまってるよ~*^^*
プロポーズ
私達、結婚してからまだ一度も一緒に暮らしていない。毎日電話とメールで約1年。でも一緒になる前もこんな関係を2年とか3年とかやってたので、こんなのもう慣れっこになっちゃったよ。でもいくら離れてても私のこと思っててくれるくまちゃんがいるからやってけるんだよね~*^^*。あとちょっと頑張らなくちゃ!
でね、今日会社から帰って来るとき、一人でにやけて、声出して笑っちゃって、とっても変な人になってたんだ。というのも、、、

去年のバレンタインデーに私達はナイアガラ・オン・ザ・レイクに一泊旅行。それも私がずっと行きたいって言ったとこなのに、ばればれのうそをついて連れて行ってくれたとこだった(くまちゃんらしんだけど)。(今日プロポーズしてくれんのかなぁ、、、っていうか私のプレゼントをつめた気配全くなし。う~ん、何にもないのかバレンタイン?!)
その日ワイナリーツアーを一日中して、ある意味ぽわ~んといい気分。(このまま楽しかった~で終わっちゃうのかよ。)
ナイアガラ・オン・ザ・レイクは軽井沢みたいな可愛い街。じゃあ、街中ぶらぶらしよっか~。。(あれもこれも欲しいっていってんのに、買ってくれる気配なし。。。う~ん。。。外国人と一緒になりたいなら、こういう形もあることを分からなくちゃいけないのね、きっと。高望みしてはだめだわっ)
体感温度-20度。もうホテルでピザでもとればいいのに、っていうかそれがいいのに、無理やりレストランに。(ホテルから出直してったのにクマちゃんは手ぶら。は~。)
バンドも入ってていい感じ~。雰囲気もとってもよくって料理も美味しいし。特にチーズにレッドペッパージェリーが超旨いっ!これ作ってみよっと。何がはいってんだろ~?????なんて楽しく会話。(なんでもいいや、ここまで連れてきてくれたし、楽しかったし。これがプレゼントだとしたら、やっぱりちっちゃい「物」は無いのね~。)
食事も終盤に入った頃、私の手をとって、「I love you so much!!」(きゃ~、来たわ来たわ~。でも周りがうるさくなってきた~。え?ここでプロポーズ?チーズ臭くて肉臭くてそしてスキー場でもないのに子供がスキーウェア着てぎゃ~ぎゃ~?)
そして、おなかもいっぱいだし、帰ろっか?!(うそっ><;?!もういい!帰って即効寝てやる!)

外に出るや否や
クマちゃん:あの時計台になんて書いてあるんだろう?いってみない?
アタシ:いやだ!単なる時計台だよ。見たいならここで待ってるから見てきなよ。

クマちゃん:馬車がある~。乗ってみる?
アタシ:ばっかじゃない?!-20度だよ-20度。風切ったら死んじゃうよ。(この時間、ここでまだ営業してるのがわけわかんない@д@。)

クマちゃん:あっちにいったらオンタリオ湖があるよ。歩いてみる?
アタシ:は?湖?水?氷~?寒いっていってんじゃん(怒)!!

街頭の下のベンチに座ってるカップルを見て、、、
クマちゃん:○○(アタシ)も座りたい?
アタシ:。。。。。!!何言ってんのこの人(落胆)。そしてこの質問、意味わかんない!!

ホテルのロビーのあっかるい入り口で、、、
クマちゃん:ちょっと待って!!
アタシ:なんなのよ~!!あったかいお部屋は目の前。さむいっつうのぉ~。き~っ!!

クマちゃん:I wanted to say before...when it was darker, but you didn't stop at all!!
Can you marry me (this time)?
アタシ:うんうんっ!(大粒の涙~)でも寒いから何か言いたいことがあったら続きはあとでいって!この言葉!めっちゃ嬉しい!素直に嬉しい!クマちゃんとずっと一緒に居られるんだ!その前にクマちゃん、こんなアタシをまた好きなってくれたんだ~。


ってなことで、やっと部屋にも戻ることができ、なが~い私達の波乱万丈なカップル生活にも終止符が打てたのでした~、のストーリーを一人で思い出して笑っちゃったの。
変な人に見えるんだろうなぁって思いながらも、アタシだけの至福な時間だわ!と10分間の家路を満喫したのでした。
ついに結婚しました~!
ママの手作りウェルカムドール.jpgI got married to kuma-chan on October 30,2004. Oh, my god!! How lucky he is!!(*^^*) It is just a joke, but I really appreciate kuma-cyan having waited(?) for me for such a lo--------------ng time.
I am really sure that we are the best couple in the world and I will make him happy for his whole life.
I LOVE YOU------------------------,kuma-chan!
プロフィール

affinity

  • Author:affinity
  • 2人の男の子って、、、すごい。パワーを貰うっていうより、すいとられるかも(笑)。でも、子育てって楽しいです。子供っておもしろい!子どもと一緒に私も成長していければなぁ、と思ってます。
    子育て、料理、マッサージ、アロマ、、、カナダでの生活を日記として残しておきたく発信していきたいと思います。

    そしてそして、Massage practitionarとして現職離れて早9年。上の子が生まれて休職してたのですが、ついに自宅でオープン。長かった~。
    私のスタイルはDeep tissue massageのBalinese。指圧やアロママッサージも勉強したので、総合的に心身の凝りをほぐしますよ。女性限定とさせていただきますが、興味ある方、ご来店をお待ち申し上げております。

    このサイトの著作権を放棄していません。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。