*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カナダだからここまでできる?!
今日は日本にジャムを送ろうと思って郵便局に行ってきました。
いつもいってる郵便局じゃなくて、ダウンタウンの職場の近くの郵便局にいったんだけど、そこの従業員がムカツクッたらありゃしない。

Me: ハロー*^^*
A: なんか用?
(うわっ何この態度?!)

Me: 日本にこの小包送りたいんだけど。
A: で、中身は何?
Me: 瓶(Jars)
A: 瓶の中身は何?
Me: 何も入ってない。。。(嘘なんだけど、瓶て言うんじゃなかった、、、と馬鹿正直に嘘もつけない自分に憤り)
A: 瓶に何も入ってないだと?
Me: そうだよ。瓶だけだよ。
A: それにしては重くないか?!
Me: 瓶は重いんだよ。

そして税関手続きの紙を渡されて、これに書き込んで!ちゃんと中身もかくんだぞ(ちょ~、無愛想に)。
そして、疑惑たっぷりなままお会計。○○ドル。

十分頭にきてたので、お会計なんて後からでいいやと思い無視。紙に住所やらを書き込んでいると、

A: 先にお金払ってから向こうで書いてくれないか。邪魔なんだよ。
Me: は?分かったわよ!!○○ねっ!

といって代金支払い。
むかついてたから、聞き間違えたのか、

A: 僕は○○ドルって言ったんだよ。なんで君がこの端数をくれたのかさっぱり分からないねっ。

と一言いわれ、小銭をじゃらじゃら。

なんなのよ、この男っ。私、なんか悪いことしたっ?首にしてやるっ。(どうやってだ?!とほほ)

Me: はいっ、書いたわよっ。
A: これは本当に瓶だけかっ?
Me: そうよ!2本はいってるから重いのよっ!

すると、私がJar"S"と書いたのかチェック。どこまで失礼なやつんだっ。

A: この箱の大きさも気に入らない。もっと大きくないと、船便では通らないかもしれない。今度はもっと大きな箱に入れろっ!

キーッ!

Me: 前に送ったときは同じ大きさで何も言われなかったわよ。

A: じゃあなっ。
Me: よろしくねっ。(あっ、なんでよろしくねっなんていってしまったんだろう。。。いくら嫌な人でもこういうところで日本人的素質が出てしまうのよねぇ。)

なんでこんな人がサービス業をしてるのか分からない。何が楽しくて毎日過ごしているんだ?!人をむかつかせて楽しいのかっ。自分がえらいとでもおもってんのかっ。
絶対あの郵便局にはいくもんかっ。

でもさ、郷にいったら郷に従え!よね。
日本だったらここまで失礼な人もいないかもしれないけど、私もここまでの言動を起こさない気がする。感情なんて知らない人に対してあからさまに出さないと思う。でも、海外だからっていうのもあり、主張しなければ!という感覚を身に付けないと、生きていけない気も。
傲慢になるのではなく、主張。
でも、向こうがこうだから、といって自分もそれに合わせたら、私の負けというか私も大人気ないよね。世の中にはいろんな人がいるから、うまく生きていかないとなぁとも思った出来事だった。
大切なカルシウムを無駄使いしちゃったよ。

とりあえず、その後、こんなのを一日の最後のイベントにしたくなく、なんだか人の喜ぶ顔が見たくなって、くまちゃんにびっくりプレゼントを買うことに決定!
働いて最初のお給料で自分にワイングラスを買ったこともあり、くまちゃんにはウィスキーグラスを買ってあげたんだ。

すっごい喜んでくれて、そして気に入ってくれたので、昼間の奴のこともすっかり忘れ、私の一日は救われた~^^。ふ~。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

郵便局員とのやり取りに笑っちゃいました。
でも、それにしても、失礼な人ですよね。
カナダでは日本のように窓口は愛想がよくないのかな?
日本もちょっと昔だと、やっぱり愛想の悪い人もいたような。
日本人だとあれこれ言うというよりも、無愛想っていうのが多かった気がしますね。
最近は競争も激しいのか、どこに行ってもますます愛想がよくなったようですけど。
日本ではお客さんが横柄かも…
デパートや小売店では、いたれりつくせりのサービス、応対が当たり前なので、海外に行くとギャップは大きいですよね。
日本も最近では郵便局もお役所も、ずいぶん丁寧に応対するように変わってきた気がします。
逆にお客の方が、「何様やねん!」と思うくらい横柄な人がいたりして…。
たまに販売のバイトをやってると、びっくりするような女王様、王様がおいでになります。
キャロラインさん
そうなんです!みるからに、失礼極まりないっ。
サービスって言う面では日本はずば抜けて良い気がします。だから海外旅行の時ってそれほど期待しなかったり、何かがあっても、仕方ない、、、っておもっていたんですが、住むとなると、大違い。あたまにくること多々多し。でもこれをうまく消化しないとやっぱりいけていけないかと思うと、私が学習するしかないですねぇ、きっと。とほほ。
チーズくまさん
旦那も初めて日本に来たときにはどこにいっても笑っているし、丁寧な態度で接してくれることが、妙に気持悪かったりしたみたいなんですが、3年日本に住んでいて、カナダに帰ったときには、マックのお姉さん達の対応に驚かされたようです。いきなりぶっきらぼうに、What do you want?(何がほしいのさ?)ですからね。「いらっしゃいませ。何にいたしましょう?!」とは大違いですよね(笑)。

お客さんでもきっといるんでしょうね、何様?っていう人。
でも所詮人間、上下関係なんてないんだから、なんでふつ~に接っせないのでしょう?!疑問ですよね。
女王様、王様の方たちにはお高いものをご紹介しては?!(笑)そして、こんなものが今売れております、と。
確かに日本のサービスは北米と比べちゃうとかなり高いレベル、というより次元がもう違いますよね。うちの夫も日本の親切・丁寧・迅速なサービスにはほんとびっくり! (ついでに書いちゃうとクッキーとかが1つ1つ包装されているのにもびっくり! 笑) 。こちらの生活になれちゃうと、北米のある意味カジュアルさというかぶっきらぼうさに逆カルチャーショックかも。

とはいえ、どこの国にもaffinityさんが遭遇したような店員/局員っていますもんね。ヤダヤダ(笑)。そんな時は、そう、ショッピングやおいしい物でストレス発散が一番(o^-')b

日本では私も、窓口対応がだんだんよくなって来ていると実感しています。昔は「お役所=対応最悪」が役所の掟(?)でしたが今はほんとみなさん対応◎です♪
+M+さん
なんなんでしょうね?あの日本のサービスって。トレーニングもあるでしょうけど、なんだか生まれもったもののような気もしなくないですか?基本的にそこまでぶっきらぼうに相手に接せないとか。
だからこっちではコーヒーショップ等でも私がいた5年前よりは、カナダの飲食店での日本人採用が目立ってきてる気がします。(もちろん、実数的には英語という問題があり、まだまだ少ないですが。)あるときをきっかけに日本人を採用すると、他の人に戻れないのではないでしょうか?前までは日本に関係のあるような飲食店のみだったのが、地元のコーヒーショップ等でも日本人がかなり働いてます。ホームステイやシェアメイトも同様で、日本人は好まれている気がしますね。

こっちに住んでいた友達も、日本に帰ったときに、紅茶が一つ一つパックに入ってるよって改めて気付いてました(笑)。こっちだと大きな箱とかで買うと、三角パックのような網の梱包袋に入った紅茶ががさがさ入ってないですか?
私も日本に帰ったら、逆カルチャーショックをうけるんでしょうね(笑)?!
こっちは横柄なお客が多いですっ
こんばんは~まんまるです。むかつきますね~こんな事があるとっ!!こっちでは横柄なお客が増えてるような気がします。買ったものを飽きたからなんて返品してくる人がいたりしますよ。。。
皆自分の事ばかり考えちゃいけないですよねっ!!まんまるも身につまされます^^;
皆気持ちよく過ごせるようにならないとっ!とりあえずストレスは美味しい物や笑顔で癒しましょう^^
まんまるさん
飽きたから返す?そんな人いるんですか?
なんだか常識とか、ふつ~さ~ということが通じなくなってきてる気がしますね、だんだん。
いったいなんなんでしょう?!みんなストレス溜まりすぎなんでしょうかねぇ?でも人に当たらなくたっていいじゃないですかねぇ。。。

お客さんて、どこで働いているんですか?接客業ですか?
お客さん相手って、いいときと悪いときと両極端ですよね?私もサービス業ですが、いいお客さんがくると、その日一日うきうきだけど、そうじゃないと、なんなのよ!!ってむかついてたりします。で、たまに旦那に当たっちゃう事があり、かなり反省してます。うまくコントロールできるようにならないと、自分の神経痛めますからね(笑)。お互い上手なストレス解消方法さがしましょうね^^。
あなたが不快な思いをされたのは、もしや先日のジャムのせい?かたじけない。日本のサービスはそれはそれで過剰かもしれないけどね、でも海外で「Have a nice day」と言いながらも、こちらを見てもくれず「ふん」て感じで横柄に言われると、言ってくれなくていいよ、て思うわ。お客様は神様です、の地で生活してるもんだから。
でも、日本でも低調に謝られたりしても、むかつく時はむかつくんだよね。「遅いよ」とか。いかんいかん。最近なんか電車に乗ってて、向かいの席に座ってる人が降りそうで降りないだけで、「ちっ」とかムッときてしまってたりする。ほんとにいかんいかん。
Kaoriちゃん
いやいや、とりあえず、無事届く事を祈ってておくれ。1ヶ月先だけど。。。
どこいってもさ、嫌な人はいるけど、うまく自分を調整しないとなぁって思うよ。結局ストレスたまって嫌な思いをするのは私でしょ?だったら、そんな奴のために気分を害されるなんてまっぴら!って思って”るんるん”と思わないと、やってらんないよね。むかつくときは、何があってもむかつくけど(笑)。
だから、ショッピングに、美味しいもの食べ歩き!はかなりのストレス解消法。でもこれも自分には害か?!(笑)
カナダもアメリカと同じなんですね(笑)こちらもビックリするほど対応は悪いですよ~。郵便局に限らずレストランや病院とか・・。わたしもaffinityさんのように主張します。たまに怒り返したりもしたり(笑)。サービス業なのにどうしてサービスできないのっ!なんて思ったり。レストランなんかで嫌な態度にあった場合はきちんとチップに反映させていただきます(笑)旦那はきちんと20%も置こうとするのですが10%でいいっ!!いいチップ欲しいならもっとしっかり仕事しろっ!!という感じですよね?こちらで日本人のお友達とよくこういった話題になるほど頻繁に起こりますよ。日本に帰ったときはいつも逆カルチャーショックです、わたしも。もうお店とか行ったらこちらが恐縮してしまうほどのサービスですよね。でもどこにいっても嫌な思いはせず気分がいいので日本のほうが好きかな。でもあまり構われると疲れちゃう時もあるのでこちらと日本を足して2で割ったぐらいがちょうどいいですよね。
yumiさん
私もチップに反映、賛成です!
こちらでは15%が普通なので、対応が悪いと、5%~10%ですね。
でもこの間、旦那が会社の人達とのみに行って帰ってきたときの事。
すっごい対応の悪い&頭悪いウェイトレスにあたったらしく、なにからなにまでまたされるし、オーダーも何度も聞き返されるし、あたまにきて3ドルしかおかなかったんだよっていってました。これには笑えましたね。さっさんどる?って。
何人かでいったらしいので、100ドル以上はもちろん食べてたようですが、3ドルです。でも心配なのは、これでも身にしみてなさそうなのが想像できちゃうんですよねぇ。逆切れでもしてそう(笑)。

私も日本のサービスの方がどちらかと言えば好きですが、yumiさんのいうとおり、ちょっと行きすぎ?って言うときもありますので、半分半分がいいですね!
主張は大事ね!
ふふふ。笑ってはいけないけれど、今日Affinityちゃんが大変な思いをして送ってくれた瓶が届きました(^-^)本当にどうもありがとう!
さてさて・・。内容を読んでまぁ、さすがだわ~って思ったわ(笑)CANADAに行った時に地下鉄のオヤジに怒ったって話したでしょ。ほんと文化の違いだねぇ~。でも、主張は大事よね!日本でも仕事をしていると、電話とかで最初から喧嘩うってる?っていう人も結構いるよ!そういう時、たいていの人はうまくかわすのだろうけど、感情豊かな私は反撃します(笑)うまくやるのももちろん良いと思うけど、主張するのも大事だと思うんだよね。日本ではそれだと強気な人と思われてしまう気がするけれど、海外だったら主張したもん勝ちみたいなイメージがあるし。思い切り対応してあげてよかとですよ!(笑)でもaffiちゃんが反撃してもかわいいもんだろな~、って個人的には思うけどねっ。もっとストロングな人はたっくさんいるでしょうから。それにしても、その「奴」はほんっとに失礼だね~。日本人ビックリ!って感じね(笑)
彼らにわび・さびのココロが理解出来ないのが少し分かる気がする(爆)
saya
届いたの?良かった良かった。でもSayaのはこの記事のじゃないんだよ(笑)。もうちょっと前に送ったやつなの。でも届いてよかった~。
お口にあうか分からないけど、お食べくだされ^^。

ほんと、たまにはっていうか人&そのときの私の無視の居所?によるけど、反論したくなるときってあるよね?!この間も違う政府関連の機関に行った時に、中国人のこの発音が分からなくて、はっきり「君の行ってる事は分からないよ」っていってた職員がいたよ。私もはじめは分からなかったけど、その機関の関連客や、言いたい事を想像すれば、何を言おうとしてるのか分かるようなものなのに、やっと行ってる事が分かって、職員同士で大笑い。これには私が出て行きたくなるほど腹がたったね。お前は何様だ!!そんな人って政府職員になる資格ないと思うんだけど。
特にトロントなんていろんな人種がいるわけでしょ?そしたらいろんな英語のアクセントにだって慣れるべきなのに、そんな対応ってないよね。首だよ、首っ!
プロフィール

affinity

  • Author:affinity
  • 2人の男の子って、、、すごい。パワーを貰うっていうより、すいとられるかも(笑)。でも、子育てって楽しいです。子供っておもしろい!子どもと一緒に私も成長していければなぁ、と思ってます。
    子育て、料理、マッサージ、アロマ、、、カナダでの生活を日記として残しておきたく発信していきたいと思います。

    そしてそして、Massage practitionarとして現職離れて早9年。上の子が生まれて休職してたのですが、ついに自宅でオープン。長かった~。
    私のスタイルはDeep tissue massageのBalinese。指圧やアロママッサージも勉強したので、総合的に心身の凝りをほぐしますよ。女性限定とさせていただきますが、興味ある方、ご来店をお待ち申し上げております。

    このサイトの著作権を放棄していません。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。