*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歯の治療
3年前くらいに日本でいってたお医者さんで歯の治療をしました。それも奥歯の神経を抜くというもの。それい以来すっかり良くなったのだと信じていたのが大きな間違い。
こっちに来て歯医者さんにいってすべてのチェックアップ(虫歯はもちろん、口腔関係の病気はすべて調べてくれるし、技術や保険的にも歯医者に関しては個人的に信頼度大^^。)をしたら、その歯の神経をぬいたところに膿があるということ。が~ん!!綺麗に掃除したんじゃなかったの~?
というのも、普通神経を抜いたときに治療というのは、その神経の管を綺麗に消毒し(3-4回歯医者にいって消毒)、それから詰め物をするという事らしいのですが、私の場合その消毒がきちんとされていなく、神経のあったしたの部分がうんでいる、そしてその膿が顎の骨にまでいくと歯医者だけには手におえない大きな病気になってしまうということでした。

Q:じゃあ、どうしたらいいのか。
A:また神経管の詰め物をとって消毒しなおし、その膿が広がらないように食い止めるということ。それに関して外側から歯茎を切っての治療になる事。そしてカナダではもう銀歯をつかっていないので、白い歯でつめ、ただレントゲンだけでは分からない部分まで広がっているようだったら、歯を抜くしかない。

とのことでした。

妊娠していても歯の治療に関しては問題ないらしく、先日行って来ました、神経専門の歯医者さん。なんだか切開をするというのをきくと久々に歯医者がこわ~い。でも今回は私だけの問題ではなく、おなかのピーナッツも一緒に耐えてもらわなくちゃいけないので、そっちの方が心配でした。

最近の麻酔は痛くないのか、治療自体はまったく問題はなかったのですが、あのキーンと言う音に、ピーナッツが反応するする。バタバタ、モゾモゾ、ウニウニするする。ごめんね~、っていいながらお腹を触っていたのですが、まるで私に対して怒りをぶつけているようです。なんでいまどきこんな事するんだよ~って><。ごめんね~、ピーナッツ。

終わってからほんとに疲れたのか暫くピクッとも動かなくなって、私がもう大丈夫だよって謝ったときだけ「もう!!」と蹴られました(これ、本当)。

外の音も分かるようになってきた今、私の体的には大丈夫な事であってもおなかのピーナッツにはすっごい辛い事を経験させてしまったことが申し訳ないです。
歯の治療って違う理由で妊娠前に!と言われますが、どんな理由でも妊娠中は何事もないことが一番。

このような手術自体はそれほど問題がないらしいのですが、私の場合、あけてみたらどうしてこういう風に神経を削ったんだか分からないっていうほどガジガジに穴が空けられていたようで、そこに入っていた銀歯の詰め物を取り除くのがかなり困難だった様子。これで1ヶ月様子をみて歯茎の膿が小さくなっていれば成功だし、そうでなければまた手術だそうです。あ~、お願いだから成功してて~。

ここで教訓!ピーナツのこともそうですが、歯医者はいい歯医者さんにいきましょう!!
スポンサーサイト

テーマ : マタニティライフ
ジャンル : 結婚・家庭生活

Secret
(非公開コメント受付中)

歯って一生お世話になるものだから大切ですよね・・。kotobukiは以前アルバイトでちょっとだけ歯科助手をしていた事があります。その時にセンセイから聞いた話・・・日本の歯医者は今やコンビにと同じ数だけ存在するので、どこも生き残るのに必死!なんだそうです。それゆえ、お客様(いや患者様)=神様だと。私が働いていた歯医者でも、過剰なスマイル、明るく元気な挨拶、そしてちょっとだけ丈の短いスカート・・・(笑)オフィス街にあったのでサラリーマン狙いだったのでしょうかー!?でもねぇ、そうはいってもやっぱり歯医者は「腕」がよくなくっちゃねぇ!こないだテレビを見ていたら医師免許がないのに歯医者をやっていた人の話題が出ていました。そしてそれにちなんでこんなアンケートをとっていましたよ→「あなたは医師免許のある藪医者に治療してもらうのと、医師免許はないけれど腕のいい人に治療してもらうのと、どっちがいいですか?」と。私はもちろん後者です(笑)アンケート結果も8割が後者でしたが、皆さんはどうですか~?
kotobukiさん
私も後者に賛成~!絶対腕のいい歯医者。
歯って見えないし、どうにも信用できるかどうかはわからないから、何気に信頼しちゃうんだよね。で、私が行ってた日本の歯医者は優しいし、対応はいいし、なによりすっごく安かったの。でもこれが味噌だったのかも。いついっても1000円と取られたことはなくて、これって大丈夫なの?って思ってたくらい。やられたよ~><。やっぱ評判とかきいとけばよかった。

それにしても、kotobukiさんの勤めてたところで、ミニスカートって笑える!!でもそれって本当に歯医者社会で生きていくためには必須かも?私のいとこも歯医者助手と結婚してたなぁ、、、、そういえば。(それは別問題か?!)
affinityちゃんもやっぱり後者なんだね~(笑)
それにしてもお腹のbabyちゃんは色々反応があって面白いね!!歯の治療の時にお腹の中で暴れてたなんて笑えるわ。その元気いっぱいの反応からして性別は男の子♂の気がするよ^^
きっと彼(←もう決めつけてる)も将来虫歯にでもなったら「歯医者行きたくない~!><」って言いだしそう(笑)あ、てか歯医者が好きな子供なんてそもそもいないか!
affinityちゃんもすっかり良きママっぷりを発揮しているわね~。子供を想う母の愛情は深いのねぇ。私にはまだまだ未知の世界だわ!
私バンクーバーにいたときに、歯医者さんで通訳のバイトしてたの。
そのときに、日本の歯医者さんとカナダの歯医者さんって
根本的に違うなーっていろいろカルチャーショックでした。
やっぱり選んでもらうためにはサービスも必要!っていうのが前面にでてるのよね。
治療費は結構高いけど、でもそれなりの技術はあるところが多い気がしたかな?
成功してるといいね・・・祈ってるよ!
affinityさんもピーナッツちゃんもお疲れ様でした!
歯医者さんのあの高~い音は、大人の私たちにとっても
けして楽しい音じゃないもんね、それにプラスしてaffinity
さんがドキドキしながら診療台で口あけてたら、そりゃあ
ピーナッツちゃんも「ただ事じゃない!!」と感じていたことでしょう。

上のkotobukiさんの書き込み拝見しました。
私も絶対後者! 肩書きより実力を信じます♪
kotobukiさん
>affinityちゃんもやっぱり後者なんだね~(笑)
絶対そうよ~。まぁ、資格っていうのはなんにでも基準を見る上で使いやすいかもしれないけど、やっぱり真のところは技術や人柄だと思うし。前にもヘアスタイリストであったじゃない?こういうの。でも資格がなくてもその人にきってもらってよかったならそれでいいと思ったよ。

ピーナッツは男のこって言う人が大半。よく子供にきくといいっていうから何人かの子に、このお腹の子はどっち?ってきいたらそれでも男の子って言う返事が返ってきたよ。私もなんだか男の子って洗脳されちゃって、なにかというと、ItではなくHeといっているじぶんがいる。。。
子供が出来ると母親になるよ~。KOTOBUKIさんもそろそろ?(笑)
Tomokoさん
バイトしていたの?初耳~。やっぱカルチャーショックってあるよね?
私日本にいたときは歯医者はちゃんとかかっておいた方がいいって聞いてたから、逆に外国の方が駄目なのかと思ってたんだ。そしたら単に高いだけだった。。。でも今だんなの保険でカバーしてもらっているから1割負担ですんでるよ。ただ、これが成功してなくてもう一回なにかするってなったらかなりの出費になっちゃうんだけど><。。。1割負担でも上限いくらまでっていうのは決まっているからね~。
それにしてもここまで悪くならないうちに完治しておいた方が良かった><。
Mさん
ほんと疲れちゃったよ~。2倍気を遣っていた感じ(笑)。でもMさんのいうとおり、痛さとかじゃなくて体から伝わる緊張感がピーナツにも感じられたんだろうね。やめろ~、だせ~、ってな感じでバタバタだったよ^^;。
でも終わってからくまちゃんにこのことを話したら、この原因を作った日本の歯医者さんじゃなくて治してくれたカナダの歯医者さんをきらいになっちゃうねって。そうかも?!

どんな職業でもやっぱ肩書きより実力だよね~。私も賛成!!
歯医者って、ずいぶん行ってません。
きっと直すところいっぱいあるんだろうなーと思うと、
腰が重い・・・。

「きなこもち」チロルのコメント拝見しました。
さきほどメールをお送りしましたので、
お時間のあるときにご覧くださいませ。
チーズくまさん
歯医者、虫歯とかないと行かないですよねぇ、確かに。
でもこっちだと検診が年に2回あってかなりうるさくお知らせがくるので、必ず行っています。でもクリーニングもしてくれるし、色んなところまで調べてくれるので、ちょっと面倒でも行くようにしてるんですよ。

メール早速拝見させていただきました。
嬉しい限りです!お心使いだけでも嬉しいのに、素直に甘えてしまってすみません。私も送ったのでみてくださ~い。
では、これからもよろしくお願いします。
私もアメリカと日本で歯の治療をしたことがあるのですが、アメリカで虫歯を削って、治療の時に詰めた素材(セメント?)を、日本の治療の際に全部やり直したことがあるんです。それは、日本の材質の方がいいですよ、と言われて、そうしたんですよね。
良い歯医者さんだなーと信頼してのことだったの。そんなことわざわざ言ってくれる歯医者さんいないと思って。まあ、それはいいとして、ところが、しばらくしてかぶせている奥歯が痛くなったので行くと、かぶせている歯のセメントの部分が虫歯になっているのできちんとまたやってもらったの。これで大丈夫だぁ~と思っていたら、また少しして痛くなって、今度はそこの歯医者さん行けなくて、違う歯医者に行ったら、そこが虫歯になっているというのよね。と、いうことは、前の歯医者さん、きちんとやってくれなかったということなのでは?
要は、その歯医者さん、もっともらしいやさしいこと言って、なんでアメリカで治療した歯の材質部分を全部取ってやり直ししたのか、わかったんですよ。保険制度を使って、儲け主義の悪魔の「ささやき」だったのね?と今でも思ってます。
妊娠中でも歯の治療は出来るんですね。
ピーナッツちゃんも頑張りましたね。
本当に成功していることを祈るばかりです。
でも考えてみたら、私もラッキーで歯の痛みとかは出なかったですけど
今も検診していても、不意に変だなって思うこともあって
結構検診の見落としもあるみたいです。
だとすると妊娠中に痛くなることだって十分あることでしょうし。
私はたまたまラッキーでそういうことなく妊娠期間を終えられただけだったんだと感じました。
千春さん
やっぱりそういうことってあるんですねぇ。腕のいい歯医者とか悪い歯医者とかよくわからないから、結局あとになって知るばかり。。。本当に人のためになりたいお医者さんが増えないかなぁ。
お金もそうだけど、行く手間とか馬鹿にならないですよね。今はちゃんといい歯医者さんに行ってますか?アメリカもそうだと思うけど、カナダでも虫歯の治療ではセラミックをつかってくれているので、いまある銀歯を全部白くしたいくらい!!
キャロラインさん
キャロラインさんは元気印妊婦で過ごすことができたみたいですね。それは良かった良かった。お友達ともお食事に行ってたっていうし。私も今は安定期なので、何をしようとかなり体が言うこと聞いてくれてます。そんななか歯の治療があったものですから、1週間くらいはちょっと不便な生活を強いられますが、仕方ないですね~><。ほんと1ヵ月後のチェックで成功しているという言葉をききたいばかりです。
なんてタイムリー
私も前に歯の治療の話をしたと思うんだけど
その時も銀歯の中の神経まで治療したら口腔と鼻腔の痛みと戦い2ケ月に及ぶ格闘の末、勝利(笑)?して治療終了したんだけど、その後に親不知の治療に取り掛かったらまた再発
神経を掃除したのに痛くて痛み止めを1時間に1回飲み、冷やしても勝手に流れてくる涙・・・痛みと戦ってまた同じ症状だったからしばらく薬を飲んで痛みが落ち着いたところで親不知抜いたのさ!
そしたら普通の人は神経が2本なのに私は4本だったんだって(苦笑)
レントゲンにはうつらなかったのか?とちょっと不振を抱きつつね
確かに神経はず太いと自分で思うけどそんなところにまで太くならなくってもいいにな~(>△<)!!!しょして今は痛みなしよ
まさにパラダイス

それにしても母子はやはり一心胴体!?きっとぴーなっつは産まれてきて言葉を話すようになったら歯医者に行った事あるって言うわね

kanto
え?神経4本?聞いたこと無いけど、笑える~。ほんとレントゲンにうつらなかったのかな?普通しろ~くなんだか中に見えるはずなのにね。お医者さんてしらないところで何してるから分かんないから怖いよね~。知っててもしらなかったっていえば済んじゃうんだもん。はてはて><。
でもとりあえずは治療が済んでよかったね。歯の痛みって物がたべれないのもあるけど、人生おかしくさせてくれちゃうわよね。

ピーナッツ、ほんと歯医者に身に覚えがある子で生まれてくるかも。3歳になったらきいてみよっか?!(笑)外がうるさかったとか言うかな?
へぇ~。母と子は一心同体なんだ。母の恐怖心をピーナッツちゃんも感じ取って暴れるんだね。妊娠中は虫歯になり易いとも聞いたし、しっかりケアしないと。
生まれた赤ちゃんは虫歯菌を持っていないそうです。そのまま3歳まで無菌で過ごせると一生虫歯は出来ないとか。虫歯菌に感染する主な原因は「唾液感染」。虫歯菌を持っている親からの間接キッス(この表現古っ)。お母さんが自分のご飯を取り分けて子供に食べさせるのは×。食品、食器など完璧に使用を分けなければダメ。私は頑張ってみようかなと思っています。(まだ先の話だけどね~)
プロフィール

affinity

  • Author:affinity
  • 2人の男の子って、、、すごい。パワーを貰うっていうより、すいとられるかも(笑)。でも、子育てって楽しいです。子供っておもしろい!子どもと一緒に私も成長していければなぁ、と思ってます。
    子育て、料理、マッサージ、アロマ、、、カナダでの生活を日記として残しておきたく発信していきたいと思います。

    そしてそして、Massage practitionarとして現職離れて早9年。上の子が生まれて休職してたのですが、ついに自宅でオープン。長かった~。
    私のスタイルはDeep tissue massageのBalinese。指圧やアロママッサージも勉強したので、総合的に心身の凝りをほぐしますよ。女性限定とさせていただきますが、興味ある方、ご来店をお待ち申し上げております。

    このサイトの著作権を放棄していません。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。